条件付きMRI対応両室ペーシング機能付き植込み型除細動器

「イトレヴィア 7 CRT-D ProMRI シリーズ」のMRI撮像条件変更について

条件付きMRI対応両室ペーシング機能付き植込み型除細動器 / バイオトロニック (PresseBox) ( TOKYO, Japan, )
バイオトロニックジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェフリー・アニス)は、この度条件付きMRI対応両室ペーシング機能付き植込み型除細動器「イトレヴィア 7 CRT-D ProMRIシリーズ」のMRI撮像条件を変更する薬事承認を取得したことを発表しました。

近年、条件付きMRI対応の心臓血管植込み型電子デバイス(CIEDs)は新規植込み手術において機種選定のゴールドスタンダードになりつつあります。イトレヴィア 7 CRT-D ProMRIシリーズは、本邦において、現時点では唯一の条件付きMRI対応CRT-Dです。この度、従来あった撮像範囲の制限がなくなり、全身撮像が可能になりました。この変更により、体幹部領域での撮像も可能になり、さらに多くの患者様に対して臨床的ベネフィットをご提供できます。

MRI撮像条件が緩和され、全身撮像が可能になったイトレヴィア 7 CRT-D ProMRIシリーズの発売にあたり、慶應義塾大学 循環器内科 准教授 高月 誠司先生は、次のように述べています。

「MRI検査による画像は、脳血管内治療領域や整形外科領域では欠かせない診断情報であることに加え、循環器領域でも多くの診断情報が提供される時代となった。その一つとして、CRT-D適応患者の多くが、植込み前に心臓MRI検査を行い、LGE(Late Gadolinium Enhancement)などの確認を行っている。しかし、今まではCRT-D植込み後の心臓MRI検査ができなかったため、植込み後の変化の有無が何もわからない状況であった。今回の撮像条件の変更により、CRT-D植込み後の心臓MRI検査を行うことも可能である。つまり、アーチファクトの影響が少なければ、植込み後の心臓機能評価が期待できる。イトレヴィア 7 CRT-D ProMRIシリーズは、今までには出来なかったことが出来るようになる革新的なデバイスである。」

バイオトロニックジャパン株式会社は、今後も本邦初となる患者様本位の製品導入に努めてまいります。
Für die oben stehenden Pressemitteilungen, das angezeigte Event bzw. das Stellenangebot sowie für das angezeigte Bild- und Tonmaterial ist allein der jeweils angegebene Herausgeber (siehe Firmeninfo bei Klick auf Bild/Meldungstitel oder Firmeninfo rechte Spalte) verantwortlich. Dieser ist in der Regel auch Urheber der Pressetexte sowie der angehängten Bild-, Ton- und Informationsmaterialien.
Die Nutzung von hier veröffentlichten Informationen zur Eigeninformation und redaktionellen Weiterverarbeitung ist in der Regel kostenfrei. Bitte klären Sie vor einer Weiterverwendung urheberrechtliche Fragen mit dem angegebenen Herausgeber. Bei Veröffentlichung senden Sie bitte ein Belegexemplar an service@pressebox.de.